2013/07 エンクラのインタビューに掲載!!

本日発売のエンジェル倶楽部9月号の
岡本まーこ氏による”MUKI-CHIN Interview”に私のインタビュー記事が掲載されました!!

記事を読んだ私の感想は・・・”えこふぃるたぁ”は
感じが悪いヤツだなぁと思われるのでは!?・・・orz
と言う危惧でした!?
ちょっwまってwSTOPその誤解。。。

インタビュー記事を見て純粋に”へー、そうなんだ”と気にかけて頂いて。
ちょっとサイトを見てみようかな?と思われた方は
下記の情報だけを見てみて頂ければおkです><b

エンジェル倶楽部9月号の次号予告(2013/8/30発売 10月号)に
私の名前が掲載されています><b

と言う事で10月号に新作が掲載されます。
急遽依頼を受けたので8ページですが、以前描いた
“窃視と浴尿”キャラ(紫)のスピンオフ作品になりますよ!

↓こんな感じ

20130730_top

さてさてここからはインタビューの補足です。
補足と言うか最早言い訳にしか見えないですが・・・w

①漫画を全然描いた事が無い状態から同人経験3年後に商業誌デビュー
←そんな話あるの?話盛りすぎじゃね?
  と思われる方もいるかも知れませんので

サイトの記事を見ていただければ分かると思いますが、
(サークルを立ち上げた時から記事は掲載されています)
今でも何で自分がエンクラ編集担当に声を掛けて頂けたのか不思議でたまりません。
声を掛けて頂いた、その当時(今でも思っていますが)我がサークルはピコサークルだったので
(委託を含めたら小手サークル?)正直な気持ちとして
はぃ?えっ!?いいの!?マジですか!?どどっ、どうしようwwwでしたw

大手(中堅も?)サークルならそろそろ話しが来るかもと心構えているかも
しれませんが(そんな事はないか?w)

無名のピコサークルがそんな話きたらこんな反応なんじゃないですかねw

——————————
②パソコンとペンタブとソフトを用意
インタビュー時テンパっててそう言ってしまったのかも知れませんが
当時既にPCは持っていたので(コミケの申込もWebでしましたw)
用意したのはペンタブとComicStudioだけです。

——————————
③入門書をパラッと読んで後は描きながら練習
←何なの?ちょっと読んだだけで描けちゃう自分の才能って凄くね?
  って事を自慢したいの?
  と記事を読んで思われる方もいるかも知れませんので

全然そんな事思ってないんです。。。

絵を描き始める切欠は、何も準備をしていない状態から
コミケを申し込む→当落するか分からないけどコミケまでに作品を仕上げる
(全てが初めてなのでペース配分なんて皆無)→
入門書を見ながら練習する時間が無い為、入門書を参考にしながら本を作成
(描きながら練習)

入門書を一回読むと、なるほどそうなのか!と理解した気になって、
でも実際には全然理解できてなくて、もっと分りやすい本ないかな?と
また入門書を買って・・・また理解した気になって、でも理解してなくてw以下略

私はそんな人物です全然ダメダメです。

——————————
④(岡)描く上でのこだわりは?
   (えこ)うーん・・・ないかも・・・。
←えっ?こだわり無いとか意味分からないんですけどwww
  と記事を読んで思われる方もいるかも知れませんので

インタビューでは
若い女の子を描く方がなんとなく得意という感じで、どうしてもこれが
好きと言うわけではないんですが

となっています。
インタビューの時には
年配は難しいですよね~絵的にも話の構成的にも・・・みたいな話から
若い子の方が描きやすい&話しを作りやすい、
でも萌えキャラからアダルトなキャラまで色々描きたいし、
楽しい内容で描けるのであれば年配物もいいですよね~
う~んでも結果的に作りやすいJK物が多くなった気がしますw

的は話だったと思います。
すみません・・・こんな回答だからこだわりが無いになるんですよね・・・

——————————
と私的に気になる所はこんなところでしょうかw

インタビューを受けた時間が約1時間でそれを
話の流れの前後が記載できない状態で話題をピックアップしているので
ちょっとしたMAD動画的な状態にw

纏めて記事に載せるのってとても難しいんだろうなぁと思いました。

今回はここまでです
(。・”・。)ノシ


web拍手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です